自分が体験したい現実を自分で創り出している〜放った感情が返ってくる

スピリチュアル
Sponsored links

こんにちは、いるかです。

夫がついに日本に帰ってくるようです。といってもまだ数ヶ月先ですが。

夫が日本に帰ってきたら、転職活動をするのですが、なんかその話をすると渋るから、

「もっといいイメージをもって!イメージが全てだよ〜〜。ため息ついてばかりいると、そういう現実がやってくるんだよ。。」ってLINEしたら、

「カピバラになる」
「カピになる」
「俺がカピになる!」

って返信がきました。。。
ポケモンになりたい、小学生みたい。。。
そんなことイメージしてもなれませんから!

カピバラさんみたいに、温泉とお昼寝が好きっていうんじゃ、まだ困る〜〜。
もっと違うイメージあるだろうに。。。と思いました。まったくもう。

さて今日は、自分が自分の現実を創り出しているというお話をしたいと思います。

いわゆる「引き寄せの法則」ですね。自分の放ったヴァイブレーションが全ての自分にとっての現実を創っていきます。

自分のヴァイブレーションがどんななのか?を知るには、今どんな感情でいるのかがとても重要です。

喜びであれば、喜ばしいことが返ってくるし、悲しみであれば悲しい現実が返ってくることになります。

放った感情が自分の現実を創り出している

結局、無意識的に信じ込んでいることが、現実化すると言えます。それは多くの場合、幼少期からの体験や親から教えられたことによって心の奥底に植え付けられてしまったことです。

「うちにお金はない」「好きなことでは食べていけない」「人生は忍耐だ」みたいなことが日本だと多いでしょうか?

そうすると、その無意識が現実化してしまうのです。現実ではいくら努力をしてみていても、

「本当は心の底で、そう思っているんでしょ?じゃあ、それをあげるね〜」と不本意な現実を引き寄せてしまいます。

なので自分とって心地よいものを引き寄せるには、自分の波動を整えることが大事だと思います。

安心、リラックス、好きなことをやるなんていうのが、もっと居心地の良い現実を引き寄せるためのポイントかも。

思考が強くなっていると、直感が働きにくくなります。なので、もっと左脳をなだめて、右脳で感じるように訓練をするのがいいと思います。

今のみずがめ座の時代、何かを思考して、きちんと計画してやるよりも、右脳と五感(なんなら第六感も)を使って流れに任せてやるほうがベター。

すると自分が最初に望んだ結果とは違う風になるかもしれませんが、もっとより良いものにたどり着くんだと思います。

流れに任せる

流れに任せるというと、コントロールを失うようで怖い!と思う人もいると思いますが、実は自分の波動を整えておくこと以外、外の世界をコントロールすることはできません。

ただ、その起こった出来事に対する自分の見方や感情はコントロールできるので、「物事をどうとらえるのか」という問題になってくると思います。

何が起こったとしても、その中に感謝することや嬉しかったことを見つけることはできます。

なので、計画、計画!努力、努力!と進んでいくよりも、心地よい状態を自分でキープして、すーっと流れに乗ったほうが、何事も本来持っている力みたいなのを発揮しやすいのです。

何をするかではなく、何を意図してやるのかが大事

何かを行動にうつす時は、何をやるのか、ではなく、何を意図してやるのか?ということが大事になってくると思います。

意図さえしっかりしていれば、自分の期待したことと違うかもしれませんが、しっかりと意図した通りのことが返ってきます。

自分たちの小さい脳みそで考えたことよりも、もっと最適なことを宇宙が返してくれるのです。

だから、「えー、こんなのじゃないよ!」と思わずに、受け取って喜ばしいことを探してみてください。

長い目で見ると、「あぁ、あれはあれでよかったんだな」ときっと納得できると思います。

逆に言えば、意図さえはっきりとしていれば、何をやるのも自由ということです。

ただ、人を傷つけたり、騙したりするのも自由だ!自分だけ良ければいい!と言ってそういうことをしていると、人にしたことが自分にも必ず違う形で返ってくることでしょう。

今の現実が、自分の望むものではない場合、すぐに感情を変えることをオススメします。

ただ、悲しさや怒りみたいなのを無理に抑え込むというのではなく、感情をまずは出し切って、そこからポジティブな感情に変えていくのが大事かなと思います。

日本人て真面目だから、「いつも楽しい気持ち、嬉しい気持ち」と唱えながら、心の奥底では実は地獄、みたいなことになりがちです。

そうではなく、心から笑えるようになるために、一回その悲しさや怒りを感じきるといいと思います。

人に話すことが難しければ、紙に書き出して、そして燃やすといいとティーチャーに教わりました。

出せなかった感情は身体の中にしこりのように残ってしまいます。まずは、そう思う自分を許して、感じきりましょう。

そうして、感情をいつまでも暴れ馬のようになったままのようにするのではなく、そこから整えていく。

そうすると、波動も整って、思い通りの人生になっていくと思います♪

タイトルとURLをコピーしました