お腹がすいたら、台湾に行こう!

コラム
Sponsored links
サインやシンクロニシティに従って、いつも旅が決まっていきます。昨年は、スリランカへの旅がそれでした。
前回、日本に帰国した際はどうなるのやら、と思っていたら、台湾で働いている父から、Kさんに連絡せよ、との指令が。
Kさんは、ずっと父と一緒に働いていてくれる、私にとって兄のような人です。

そういえば、長いことご無沙汰だ〜。ごめーん!とあわてて、連絡しました。(台湾の人々はとても愛情が濃いので、「便りがないのは元気な証拠」という例文は、辞書におそらく存在しません)

それと同時に、懐かしい友人たちから、台湾に行ってきました!私もまた来週行きます〜、などの投稿が次々と飛び込んできました。

うむむ、これは台湾いけってことかなーと思っていると、ふと大昔のブログのことが思い浮かびました。

読み返してみると、台湾留学時代のことがたくさん書いてありました。←すっかり忘れてました、そんなこと書いたのすっかりわすれていました。もし興味があられる方があったら、こちらからどうぞ♪

トップページのフリーページは、楽天ショップのリンク切れの記事が多いです。。。目に入ってしまったら、お見苦しくて、申し訳ありません。時間がなくて、直していません。。。。

色んなところに行って、色んな人に助けられて。

まだこのときは、兄のようなKさんとその家族、姉のようなSちゃんとその弟とは出会っていなかったのですが、多分あのとき台北に行ったことが、めぐりめぐって、こういう縁を連れてきてくれたのだ、と今になって思います。

中国語はそんなに上達しなかったし、お茶のプロになったわけではないけれど、それよりずっとステキなことかなと。

いつの間にかに広がった縁のある国、台湾

考えてみればいつの間にか、父は住んでるわ、親友のお兄さんも台湾の方と結婚して住んでるわ、Kさん家族もSちゃんの弟もいるわで、実家のある街よりも、ずっとなじみ深い台中の街。

もう2年ぶりかぁ、行きたいなぁと思って、ふとウィリアム・レーネンさんのtwitterをみたら、唐突に、「台湾に行きたければ、行けばいいのです」と書いてあるじゃありませんか!

わ、わかりました。いきます。

オークランドへ帰るまえに寄っていきます〜、とすぐにチケットを押さえにかかったのでした。

台湾に行くと元気になるのは、人が人と幸せに暮らしているから

父は新しい職場に移り、なんとそのビルの最上階に、謎の大仏様といっしょに住んでいました!

ロープウェイに乗って、猫空でお茶と散歩をしたり、老舗のうなぎやで並んだり、光と緑がまぶしい朝の街で、豆乳とあげぱんを食べたりと、久しぶりに両親とゆっくり過ごすことができました。

f:id:iruka88888:20151204201510j:plain

台中では、Kさんと超美人ワイフ、ラブリーなこどもたちや、懐かしい人たちにも会って、ワイワイと茶芸館でごはんを食べ、次の日も大好きな客家料理をごちそうになり、エネルギーを満タン!にしてから、高雄をまわって日本へ帰国。

日本語ぺらぺらなTさんは、来年、結婚するとのこと。台湾の結婚式は、大勢くるので、日程があったら是非来てくださーい!とニコニコして、誘ってくれました。

弟さんの合格祈願のために、以前お寺で熱心にお参りしてあげていた、やさしいTさん。学費も払ってあげてるとのことでした。

お金より大事な、「セーフティネット」

台湾にいると、なにか懐かしいことを思い出しそうになります。昔に日本がなくしてしまった、大事なことを。

なんか、本当に生活に困ったら、ここに来ればいいかなーとふと思います。面倒見のいい台湾人のこと、お腹をすかせた人を放ってはおかないからです。

日本語教師の口は、まだ台湾に結構あるし、なんとかなるかなーと。

人と人との関係は、一朝一夕にはできあがらないけれど、コツコツと時間と信頼みたいなものを築くようにし、どこかに「セーフティネット」だと思える場所をもつのは、お金を貯め込むよりも、これからの時代、大切になってくるかと思います

私にとって台湾は、そういったセーフティネットの「最後の砦」かもしれません。
そして、とても懐かしー、たくさんの楽しい思い出がつまった大事な地です。

タイトルとURLをコピーしました