必要なときに、お金やチャンスは向こうからやってくる

スピリチュアル
Sponsored links

数々の「引き寄せの法則」を読んだのですが、まずは貯金しろ、なんてどこにも書いてありません。(笑)

「必要なときに、必要なモノは与えられる」と信じ、ワクワクすることに向かう、ということがよく説明されています。

「必要なときに、必要なモノは与えられる」
ということを少し実践できたのは、断舎利をしたことかなと思います。

なぜモノを溜め込むかというと、「必要なときがきたら、困るから」

必要なときには、新しいモノやコトが起きてくるのだろう、と思えたので、遅めの海外移住にも踏み切ることができたのだと思います。

私のように、やっぱりある程度の準備金がないと、次のことには踏み出せない。。。と思っている人が、

急に貯金もわずかで、海外に飛び出すというと、怖れがあるので、やっぱりうまくはいきません。

ところが、こういうことを、易々とできてしまう人というのもいるのです。

私の友人が、ニュージーランドに来たときがそうでした。

ワーキングホリデービザを使ってきたのですが、なんと手持ちのお金は、1ヶ月程度の生活費しかない!というのです。

どうやら、その前にやはりワーホリをしていた、オーストラリアで、予定以上に使ってしまったそう。

仕事の探し方を聞かれたので、NZではポピュラーな、英語のCV(履歴書)をもって、直接、家の近くのお店にいって、

May I talk to the manager? と言ってみることをすすめてみました。

すると、たまたまマネージャーはお店にいなかったものの、あとで連絡をくれることになり、無事すぐに採用してもらえる運びとなりました。

その友人は、飛行機の中でも、たまたま隣に座ったNZ在住の女の人に、同じようなことを言われて、励まされたそう。

「きっと、見つかるよ」と言われるように、しむけられてたんだと思います。

その友人は、NZでフラット・シェアをして家賃を安くし、職場の仲間と朝まで飲み明かし、私ともよく遊んでくれ、

日本に帰る前には、貯まったお金で、南島を一周することまでできました。

「ニュージーランド滞在は、私の青春です!」とかわいい笑顔で言っていたのが印象的でした。

今も、よく仕事を変えながら自由を保ち、旅行やセミナーにもガンガン行っています。

モノよりも、惜しみなく経験に使う、なんとかなると信じる彼女を見ていると、

色んなことが勉強になるなぁと頼もしい気持ちで、いつも楽しい報告を聞いています。

山川紘矢・亜希子ご夫妻の著書『受け入れの極意』にイラストをよせていらっしゃる、“あーすじぷしー”さんに少し似ているなぁと思っています。

タイトルとURLをコピーしました