波動を高くチューニングする〜全てうまくいっている

スピリチュアル
Sponsored links

こんにちは、エンジェルタロット・リーダーをやっていたことのある青星いるかです。

さて、もうすぐ近づいてくる確定申告の準備をぐずぐずと伸ばして、年末年始を低い波動ですごしてしまいました。。。(笑)

ぐずぐずとしていた時の抑圧されたエネルギー、もったいなかったな。。。

結構こういう方も多いんじゃないかと思います。

今日は高い波動を保っていくと人生が楽に進むというお話をしたいと思います。

全てはうまくいっていると信じる

どんなときでも、必要なときには色んな情報や助けがきて、本当は何も心配しなくても大丈夫なんですよね。

海外に行って、右も左もわからないようなときでも、いつでもどこかから情報や助けがきてなんとかなりました。

みんなつながっているし、助けられている。

大丈夫だと信じることが大事だと思います。

必要って、必ずいるもののこと。

それは今までも与えられてきているからこそ、今ここにいられるんですよね。

そしてそれは尽きることのない泉のようで、じゃぶじゃぶとこれからも与えられる。

だから心配しなくてもいい。

心配や不安のエネルギーは、それ自体が振動して同じものを引き寄せてしまいます。

つまり心配するようなことがまさに現実になってしまうのです。

だから心から、宇宙を信頼することが必要だと思います。

波動を高くチューニングする

大丈夫だというラジオ局があって、そこにいつもチューニングしておくということが大事です。

不安だというラジオ局ももちろんあるので、そこに意識を合わせないようにします。

もちろん人間誰しも、不安にかられたり、心配したりすると思いますが、

そこに意識を集中させないようにするのです。

回転寿司では色んなお皿がまわっているけど、好きなものだけ取って食べますよね?

それと同じで、不安はあるけれども、その周波数を選ばないようにするのが大事だと思うのです。

好きなものや心地いいものを選ぶ

では、波動を高くチューニングするにはどうすればいいのか?

好きなことや心地のいいもの、心がワクワクするようなものを選ぶようにするといいと思います。

好きなことに没頭しているときって、不安が入り込む余地がないですよね??

好きなことをしてワクワクしていると、いつの間にか時間が過ぎていて、ちょっと前に心配していたことなんて忘れてしまっている。

まさにそういう状態をキープするのです。

毎日の生活をなるべくそういうもので満たすことを心がけましょう。

日本人は我慢しすぎ。もっと自分を大事にしよう

元来、日本人は我慢が美徳というか、自分を押し殺してまで周りのために何かをしすぎだと思います。

家事と育児と仕事に追われて、自分のための時間なんてほとんどない。

そういうときは、周りに助けを求めましょう。

例えば外国では、3人の子供を学生のベビーシッターに預けて、夫婦で素敵なレストランでのディナーの時間を取ったり、映画を見に出かけたりします。

アジアとかでは屋台文化が発達しているので、食事をそれですませてしまうことも少なくありません。

日本ってみんな中で女の人に仕事を追わせすぎている気がします。

もちろん金銭的な問題もありますが、なんか人やサービスに頼るのを躊躇してしまいがち。

結局自分が色々なことを我慢していると、人にもそれを強いてしまうことに。

子供もそういう状態の親を見て、自分のために色々としてくれてすごくありがたいけれども、人生って大変なんだな〜と学んでしまうでしょう。

子供を頼める人もいないし、雇うお金もないという人は、とにかく手を抜けるところを抜きまくりましょう。

全てを完璧にやるなんて無理です。

人生辛いよりも、楽しめたほうがいいですよね?

Life is supposed to be fun!

人生って楽しむためにあると私は思っています。

もちろん人生の道のりの中では、辛いことがあったり、乗り越えなければいけないことがあったりしますが、

だからといってデフォルトが「大変でつらいもの」になっている必要はないと思います。

それには小さなことでも、楽しめるのはどれかな?と探して、少しでも自分をいい気分にさせてくれる方を選ぶ。

一杯の紅茶でもいいし、一片のチョコレートでもいい。

その積み重ねで、高い波動にいることができるようになり、高い波動になるとますます楽しいことがやってくる、といういい循環の中に入れると思います。

大丈夫、きっとよくなりますよ!

タイトルとURLをコピーしました