【思考は現実になる】感謝が幸せのカギ

スピリチュアル
Sponsored links

おはようございます。ワールドフリーライターの青星いるかです。

最近、すごく興味のあるセミナーのお知らせが次々と舞い込み、なんだか楽しい今日このごろです。

何か新しいことを学ぶのって、基本的にすごい喜びですよね♪

さて今日は「思考は現実になる」ということと、そのコツについてお話したいと思います。

思考は現実となる

英語だと、「Thoughts become things」って言うんですかね。

『思考は現実となる』はナポレオン・ヒルさんの本でも有名です。

今ならKindle unlimitedに入ると、無料で読めます。

これは月に980円払うと、無制限で該当書籍200万冊以上が読み放題というものです。初月無料なので気軽に試して見てくださいね。

「Thoughts become things」というと、私はマイク・ドゥリーさんを思い浮かべます。

マイクさんは、宇宙からの手紙というメルマガをやってらっしゃって、毎日届けてくれます。

ポジティブなメッセージがとても役にたっています。英語の勉強にもなりますよ。

TUT というところから登録できるので、興味のある方はどうぞ♪

そうそう、話はもどって思考は本当に現実になると思います。まずは考えたことからはじまるというか。

頭の中に想像できたことは、すでに叶うはずのことなのです。

なのでまずは頭の中でなりたい自分や未来を想像して、そのときの感情(幸せ)を十分に感じてみます。

するとその未来の幸せな波動に今の自分がなり、ものごとが叶いやすくなるのです。

本当に信じていることが現実となる

ただ頭の中では実現できると思っていても、心の底では「今までと同じように、自分にはできない」とか「自分には価値がない」とか信じていると、そのままの現実がかえってきます。

なのでその観念をまずは癒やすことが必要です。

あとポイントは、小さな成功を繰り返すことですかね。いきなり大きなことを願って始めるのではなく、

例えばお金はないんだけど旅行に行くとか願ってみて、

それが急に臨時収入があって実現すれば、あぁ本当に願ったことが叶うんだなと実感できます。

それで成功体験を積み重ねて、だんだんと「あぁ本当に思考は現実を作るんだ」とわかると、

大きなこともできるようになっていくと思います。

ラッキーなことがあったから幸せになるのではない。幸せを見つける

周りの状況が幸・不幸を決めるのではありません。今あることの中から幸せを感じるのです。

そうでないと、ラッキーなことがあったら幸せになり、一見不運なことに見舞われると不幸という風に振り回されてしまいます。

そうすると、幸せなことを引き寄せると思えば、不運なことを引き寄せるというジェットコースターのようになるのです。

そうではなくて、一見不運に見えることの中にも、いい面を見つけてみるのです。

事故ったけど、人を巻き込まなくてよかった、とか。修理代をだせる今の状況に感謝するとか(実体験です 笑)

そうすると運気が変わって、ポジティブなことが実現するようになってくると思います。

ただそうはいっても人間、不運があったら落ち込むと思います。

落ち込まないようにするのではなく、その気分も十分に味わった後に、いい面を探してみるのがオススメです。

引き寄せの法則は「感謝」がカギとなる

ポイントとなるのは、まずは今あることの中に感謝することです。

それで感謝の高い波動に自分がなること。

そうすると、次々と幸せなことが実現すると思います。

例えば旅行には行けなかったとしても、これを読んでくださっている方なら、スマートフォンやパソコンなどは持っているはずですよね?

なのでまずは、その余裕のある状況に感謝してみるのです。

世界には毎日食べていくのがやっとだという人が信じられないほど多くいます。

スマートフォンどころではなく、住むところもボロボロだったり路上だったりして、とにかく食べられることだけを考えないといけないとか。

そういう人を支援したい方は、こちらの記事をどうぞ

考えてみると、友達がいてくれること、家族がいてくれること、毎日ごはんが食べられること、水が蛇口をひねればでること、

たくさんたくさん、感謝できることは身の回りにあると思います。

毎日文句ばかり言っている人は、その文句が更に悪い状況を引き寄せているのだということを自覚してください。

引き寄せ、思考が現実になるという原則は、ネガティブな方にもあてはまります。

つまり頭の中を不平や不満、ネガティブなことでいっぱいにしていれば、そういう現実を引き寄せてしまう・創ってしまうのです。

ただ周りにそういう人がいても、ポジティブに変えようとは思わないほうがいいと思います。

そういう人はそういうネガティブな経験を魂が必要としているかもしれないからです。

ただそういう現実から抜け出したいと思っているのなら、本とかを紹介してあげるといいかも。

パム・グラウドさんの『「感謝」で思考は現実になる』あたりが読みやすいです。

それでその教えを実行するのどうかは、本人に任せるのです。

家族などの近い人がネガティブだと、ついつい変えたいと思ってしまいますが、家族といえども邪魔をしてはいけないと思います。

なので自分のことだけにフォーカスして、ポジティブで幸せな状況を楽しんでいると、

「おっ、なんだか楽しそう。自分にもできるかも」と周りが自然と思うようになることも少なくありません。

なのでまずは、感謝の波動を放って、幸せになってくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました