夢のメッセージとは〜直感を磨くと受け取れる

スピリチュアル
Sponsored links

高校生の頃、古典の授業で、


夢の中にでてくる人は、相手の会いたいって想いがとんできているからだと


昔は信じられていたんだよ、と先生が冗談交じりに話してくれたのを覚えています。

ロマンチックなおはなしですね。

現代なら、自分が想っているので、夢にまで出てきた、というほうが、
しっくりくるかもしれません。

その真偽はさておき、夢って本当に興味深い・便利なツールです。

夢日記をつけ始めて、かなりの年月がたちますが、


夢の中ではよく、その人々がおかれている状況を伝えてくれたり、言えなかった本当の気持ちを素直に語ってくれたりするのです。

あぁ、そういうことだったんだ。。。と寝ぼけ眼で、
真実を知ることに。

友人にその話をしたら、「何それ!便利〜」と言っていました。(笑)

読み解き方には、少しコツと練習がいりますが、
みんなができることなんだと、思います。

それが本当なのかどうかまでは、わかりかねるところもあるけれど、自分の直感を信じるほかありません。

まずは夢を覚えておこう

まず準備段階として、夢を覚えておく必要があります。

私は自然とできてたのですが、覚えていないという人も多いようです。

寝る前に、今日は夢を覚えておけますよーに!と念じながら寝ます。

すると徐々にですが、覚えている範囲が広がっていくと思います。

朝起きたら、すぐに書き留める

夢のメッセージって、そのときにはなんの事だかさっぱりわからないってことも多いです。

ただメモっておくと、後で読み返して、「あぁ!なんだそういうことだったのかー」とわかることも少なくありません。

読み返してみると、普通の日記より面白いですよ。

直感を磨いておく・波動を高めておく

やはり直感を磨いておくと、夢でのメッセージもわかりやすいです。

普通の人が夢をみても、生活の残像ばかりかもしれませんが、直感が優れていると、夢の中でもはっと何かが気がついたりできるようになるのです。

ときには夢の中の登場人物が思っていることが、手を取るようにわかることもあります。

あとは波動を高めておくことですかね。

ここでも引き寄せの法則は働いていて、自分が今いる階層と同じようなところに夢の中でもいきます。

低い波動でいると、命を狙われたり、人が奪い合いをしていたり、といった階層に迷い込んでしまうのです。

私もたまに行ってしまい、「いけない、いけない、波動が低くなってるな」と反省します。

心配を抱えていると、波動が低くなり、こういった階層にいきやすいです。

高い波動でいると、光に包まれた温かい感触の、出会う人々もみんな親切!といった階層へいけます。

私は、あまり芸能人で好きな人とかはいないんですが、なぜかよく出演してくれる方々がいらっしゃいます。

ちなみに出演回数トップは木村拓哉さんと二宮和也さんです。イケメン好きじゃないのに、なんでなんだろう。。。

あっもちろん、すっごい素敵ですけどね!

もちろん現実世界での友人にも出会えますよ。

誰かを想うことは、美しいタペストリーのように、世界に広がっていきます。

届けたい思いがあるならば、夢に託してみるといいかもしれません。

その人たちに届くように、祈ってみるといいかもしれません。

そして、願わくば、
今宵、夢でお会いしましょう、と。

タイトルとURLをコピーしました