【職場恋愛は起きやすい?】ビジネスパートナー男女の注意点

スピリチュアル
Sponsored links

おはようございます、アドバンス認定エンジェルカードリーダー™の青星いるかです。

ビジネスパートナーの男女が同じ仕事をして、目標も同じで困難も一緒に乗り越えていくと、恋愛に発展しやすいという傾向があると思います。

例え、仕事の上だけの関係でも、奥さんや旦那さんが仕事上のパートナーに嫉妬してしまう、ということも起こりがちです。

そこで、今日は「【職場恋愛は起きやすい?】ビジネスパートナー男女の注意点」についてお話ししたいと思います。

ビジネスパートナーの男女は恋愛に発展する?

仕事上とはいえ、すごく仲が深まってしまいやすいのが、このパートナーシップでもあると思います。

思うに、同じ目標をもち、幾多の困難を乗り越え、一緒にがんばって物事にあたるのですから、それも仕方ないことなのかもしれません。

プライベートのパートナーには見せない一面も、見せてしまうこともありますし。必死になっているときは、人間誰しも取り繕えませんよね?

それで、思わず仲が深まってしまい、どうしよう……と相談されてくる方も少なくありません。

独身の場合は、そのままプライベートでもパートナーになっちゃうという選択肢もありますよね。

ただ、職場恋愛というと、おおっぴらにするわけにもいかず、もしも別れたら気まずいかな……と心配になる方もおられるんじゃないかと思います。

まずは気軽にデートに誘ってみる

ぐるぐると考えていても、同じところを回っているだけになってしまうので、まずは職場以外のところで、気軽にデートに誘ってみるといいんじゃないでしょうか?

職場での雰囲気とプライベートの雰囲気は別だ、という場合もでてくると思います。こんな一面もあったのね〜といい発見の場合も、あまり良くない発見の場合もありえます。

デートが無理なら、お休みの日にランチなんていうのもいいかも。

仕事の話はなるべくしないようにして、プライベートな話をしてみてください。

そうすると、意外な発見ができると思います。

既婚者の場合は、ケース・バイ・ケース

仕事上のパートナーが既婚者の場合は、それはもう、ケース・バイ・ケースなので、失うものと得るものをよーく考えて、自分に後悔のない道を選んでくださいね、というのがアドバイスです。

職場は仕事をするところだから、と割り切るのもひとつの対処法かもしれませんし、伴侶と分かれて、仕事上のパートナーと一緒になるという道を選ぶ人もいるでしょう。

日本人て真面目なので、既婚者に恋心を抱いた時点で、なんか罪悪感に悩まされてしまう人も少なくありません。

元々、仕事上のパートナーとは、仲が深まってしまいやすいのですから、罪悪感は不要だと思います。

ただそこを超えて、「自分だけのものにしたい!」となった時に初めて問題となってくるわけで、

ほのかな恋心だったらそのまま持ち続けて、その人と一緒にいて積み重ねていける時間がたくさんあることを喜べばいいのではないでしょうか。

まぁそれを超えて、自分だけを見てほしい!となってしまうのが、恋心でもありますが、

相手が自ら別れを選ぶのならともかく、奪い取るという風になると必ずやったことは自分に戻ってくると考えたほうがいいでしょう。

それに相手が、新しい人に惹かれやすい人で、そういうことを繰り返しているケースもありますので、見極めが必要になってきます。

どちらにせよ、職場で縁のある人と出会えたのは、とても貴重なことだと思います。

嫌な人ばかりの会社ってこともありえたわけですからね♪

なぜか仕事上では、男女のパートナーシップが多い

これはお互いの特性を活かし合えるからなのかどうかわかりませんが、男女でペアを組んで仕事をすることって多いと思います。

男女間の仕事のパートナーって、なんでこんなに多いんでしょうか?それもチームじゃなくて、男女2人、というのが私の周りには、たくさんいます。

私が最強のペアだなぁと思っていたのも、とある職場にいたお二人で、お互いがベテランでいらっしゃったので、

まさに、あうんの呼吸という感じで、仕事をしていらっしゃいました。

一緒に出張旅行などもしながら、ふたりでプロジェクトを進めていくのです。

とにかく四六時中一緒にいたらしいのですが、女性の方は別の人と結婚をしていて、プライベートのパートナーは別にいらっしゃいました。

このように仕事のパートナーと濃い関係で、プライベートのパートナーに嫉妬されそうな場合は、あんまり職場でのことを話さないほうが無難かもしれませんね。

どちらにせよ、素敵だなと思うビジネスパートナーがいるというのは、とても幸せなことです。

出会えたことに感謝しつつ、一緒に過ごせる時間を楽しんでみてくださいね〜☆

タイトルとURLをコピーしました