【運命の赤い糸は存在する?】縁のある男女の相手は存在します

スピリチュアル
Sponsored links

エンジェルタロットカードリーダーをやっていた青星です。

さて今日は、運命の赤い糸についてお話したいと思います。

今まで、この人だ!というご縁に恵まれてこなかったです。本当に運命の赤い糸というのは存在するんでしょうか?

運命の赤い糸かどうかはわかりませんが、たしかにご縁のある人というのは存在すると思います。

ただ出会うところまでは決まっていても、出会った後の関係には自由意志が働くので、つきあったり結婚したりするのかどうかは、また別の問題になってくると思います。

運命の赤い糸とは?

これはどうやら中国に起源を発している考え方のようですね。中国語では「紅線」というらしいです。

元々、小指と小指とが見えない赤い糸で結ばれているのだというのは、とてもロマンチックですよね。

運命の赤い糸の相手は存在する

縁の深い人っていうのは、確かに存在します。男女問わず。

私は出会った時にピンと直感でわかるタイプです。

スピリチュアルなお話の中で、「長い輪廻転生の輪の中で、元々知り合いなのだ」というのをよく聞きますが、まさにそんな感じなんだと思います。

前世で色々と一緒に人生を歩んできているわけです。夫婦だったり、親子だったり、親友同士だったり。なので出会うととても懐かしい感じがします。

ただやっぱり、引き寄せの法則ではないですが、波長の似ている者同士が引き寄せ合いますから、本来の自分の波長とは違う生き方をしているとなかなか出会えないということもおこってきます。

なので、ワクワクする事に向かうことが大事なんですね、運命の人と出会うためにも。

運命の赤い糸をどういかすのかは、あなた次第

ただ、出会ったととしても、自分の中にたくさんの劣等感や恋愛にまつわる苦い思い出みたいなのがあると、せっかく出会ったとしても、反射的に避けてしまうなんてことにもなりかねません。

なので、運命の人と結ばれるかどうかはあなた次第、ということになるのです。

これは相手の側も同じで、こちらがどんなに望んでいても、相手にそういう葛藤があると、避けられてしまったりします。

じっと気長に機会を待つのか、じゃあ他の人と幸せになります、と気持ちを切り替えるのかも、あなた次第です。

ただ出会えた事自体は祝福ですので、そのことには感謝するのがいいと思います。

なので、どうもうまくいかないという人は、あまり執着せず、他にも運命の人はいるだろう!と気持ち新たにして出会いに向かっていくのも、とてもいい選択だと思います。

あまり固執してしまった上に、相手にそっぽを向かれているとこちらも苦しくなってしまいますからね。

みなさんの出会いが、温かいものとなりますよーに!

さらに、ビジネスパートナーについては、下記のコラムでもお話ししています。

タイトルとURLをコピーしました