【ソウルメイトに出会ったしるし】縁のある男女は必ず出会う

スピリチュアル
Sponsored links

おはようございます、アドバンス認定エンジェルカードリーダー™の青星いるかです。

トップページにロゴがありますが、アドバンス認定エンジェルカードリーダー™を終了して、タロット・カード・リーディングもしていたことがありました。

縁のある男女は、人生のどこかにおいて、必ず出会います。これは同性の場合でも同じですね。

というより、私は輪廻転生を信じているのですが、「また会おう!」と約束してきていると思うのです。

ただ、恋人同士や夫婦になるとは限らず、仕事上のパートナーだったり、親友だったりと、色んな約束の形があります。

「ソウルメイト」などのキーワードで検索されて来てくださった方もいるようなので、今日は縁のある男女について書きたいと思います。

  1. ソウルメイトに出会ったしるしとは?
    1. 出会った時にはっとする
    2. 心がじんわりと暖かくなる
    3. なんだか懐かしい気持ちになる
  2. ソウルメイトとは古い知り合い
    1. 輪廻転生と生まれ変わり
    2. 例外もあるので、じっくり見極めよう
  3. ソウルメイトとは、輪廻転生の長い時の輪の中で、一緒に過ごしてきた人々
    1. 生まれ変わりって信じる?
    2. 異性だけでなく、同性のソウルメイトもいる
    3. ソウルメイトとは旅先で出会うことも
  4. ソウルメイトと出会うのは、スピリチュアル的には問題を解決して成長するため
    1. 約束をしているので、避けようもなく出会う
    2. 相手の中に自分のシャドーを見出してしまうケースも
    3. 天使たちはあの手この手で出会いを助けてくれる
    4. 以前は同性の親友だったのかも?
  5. ソウルメイトは自然に導かれるもの
    1. 出会いたいと思いすぎると、かえって出会いを妨げる
    2. のんびりやさんは出会ってても気が付かないかも
    3. 幸せになるには、あんまり気にしすぎない
  6. 縁のある男女は、必ず出会う
    1. 縁のある男女、ソウルメイトは願いすぎない
    2. 出会いたい時は、ワクワクすることをしよう
  7. ソウルメイトとの出会い 実話編
  8. 葛藤などが大きいと、避けあってしまうという結果にも
    1. 相手がトラウマを抱えているケースも
    2. まずは自分を愛してあげる
  9. まとめ

ソウルメイトに出会ったしるしとは?

ソウルメイトに出会ったしるし、というのはもう感覚でわかります。

出会った時にはっとする

ソウルメイトと出会うと、はっとしたりします。

なんだか他の人と出会ったのとは違う感覚になるのです。

ああ、この人だったんだ、みたいな。

向けられた笑顔が輝いていたり、オーラがまぶしく感じられたりもします。

心がじんわりと暖かくなる

しばらく話していると、心がじんわりと暖かくなる感触がしてきます。

わかる、わかるという感じで、あまり話さなくても、お互いの考えていることが手にとるようにわかったりもするのです。

ソウルメイトたちとの経験上、男女ともに共通しているのは、あるときにふと、2人で透明の風船の中にいるようなふわーっと温かい空気が広がることです。

なんだか懐かしい気持ちになる

私はこれが一番わかりやすいのですが、なんか初めて会った気がしないというのがサインです。

隣を歩いていたりすると、「あれ?これって前にも経験しているよな?」と思ったりします。

前世でも一緒だったことがあるから、多分その時の遠い記憶なんでしょうね。

互いのオーラが重なり合うのか、それとも天のほうからそっとベールをかけてくれるのか、その瞬間が訪れて、ああやっぱりこの人知ってる、と思うのです。

ソウルメイトとは古い知り合い

ロマンティックなパートナーシップや真実の愛、といった意味合いだけが一人歩きしているようですが、もう少し広い範囲で、「とても縁の深い人同士」という風に私はとらえています。

輪廻転生と生まれ変わり

私は基本的に輪廻転生、生まれ変わりというのを信じているのですが、

輪廻転生、という雄大な時の流れの中で、何度も一緒に生まれて、時を過ごしたことがあるもの同士、といった感じでしょうか。

つまり元々、古い「知り合い」なわけですね。

だから会って間もなく、たいていはお互いに気がつきます。

例外もあるので、じっくり見極めよう

ただ例外もあって、私は夫と出会ったとき、全く気がつきませんでした(^^:)

同じグループにいたのですが、お互い別々な人と仲が良かったので、普通に友達という期間が長く続いたのです。私はだいたい出会った時に気がつくタイプなんですけどね。

あとは、今も仲良くしている、ニュージーランドで出会ったCにも、最初全然気が付きませんでした。

というのも、彼はシャイなためか、はじめは全然話してくれないので、なんか私とは友達になりたくないんだろうなぁと思っていたのです。

段々と打ち解けて、お互いなんか安心できるなぁと感じるまでに、一学期間ぐらいかかりました。

彼は一度仲良くなると、中国人らしく友人をとても大事にし、すごく思いやりを示してくれるタイプでした。

今では、永住権を取り、家を買い、妻と子供ができ、とても幸せそうな写真が送られてきます。(^^)今度日本に、家族で行くよーといいつつ、なかかか実現できていません。

ソウルメイトとは、輪廻転生の長い時の輪の中で、一緒に過ごしてきた人々

生まれ変わりって信じる?

余談ですが、キリスト教などの宗教では、輪廻転生は否定する人が多いのかと思いきや、海外の人にreincarnation(生まれかわり)って信じる?と聞くと、意外と

「体験的になんとなく、あるんだと思う」という素直な意見が私の周りには多くて、結構びっくりします。

おそらく、世間話をちょっと超えて、こういう話をするってことは、スピリチュアルな興味がある人なわけで、決して一般的ではないと思いますが、

「だって、ここは来たことある!とか、この人会ったことある!とかやっぱり、あるじゃない?」とのこと。

オープン・マインドなんだね〜と言うと、他では言わないけどね♪(もちろん)って感じらしいです。

異性だけでなく、同性のソウルメイトもいる

異性だけではなく、もちろん同性同士のソウルメイトもいます。

私事でなんですが、例をあげてみますと、今まで認識した人たちだけで、男女比率はやや男性の方が多め、国籍でいうと、やや外国人より日本人のほうが多めといったところです。

ソウルメイトとは旅先で出会うことも

外国人のソウルメイトたちとは、だいたい彼ら・彼女らの国、もしくはお互い旅行中にバッタリと出会っているので、

私が色んなところに旅行や移住をしてしまうのは、もしかすると「ソウルメイトを見つけよう」と、無意識にしているのかもしれません。

たまには向こうから出向いてくださーい、と言いたくなったりして。ふふふ。

ソウルメイトと出会うのは、スピリチュアル的には問題を解決して成長するため

約束をしているので、避けようもなく出会う

また出会いましょう、と約束をしているので、これはもう避けようもなく出会ってしまうのですが、そのあとの関係性は、それぞれの選択によるんだと思います。

つまり、男女であれば絶対的に結ばれる運命、とかはなく、出会ったのちに、お互いが何を選択するか、という自由意志が働く、ということです。

どんな約束をしてきたかにもよると思うのですが、例え、今度こそ一緒になりましょう、と決めてあったとしても、出会う前までの経験や社会的な常識に左右され、せっかく出会ったのに拒絶する、なんてことも起こりえます。

相手の中に自分のシャドーを見出してしまうケースも

ソウルメイト同士は、とてもよく似ているところがあるので、相手の中に自分自身の「シャドー」を見いだしてしまうこともよくあり、そうするとお互いを「避ける」という反応をおこすとのこと。自分の嫌な部分から目をそむけてしまうわけです。

天使たちはあの手この手で出会いを助けてくれる

それでも、天使たちはあの手この手で偶然を装って、ソウルメイトたちを引き合わせる手配をしてくれているらしいのですが、なにせ本人たちの自由意志だけはどうすることもできません。

いずれにせよ、そこには何か経験するべきことがあるから出会うわけで、見てみないフリをして避けても、来世に宿題を残すことになるだけです。

以前は同性の親友だったのかも?

他にも、今世ではたまたま男女なだけで、以前は親友として助け合ったり、成長を促すために出会ったのに、互いに何か運命的なものを感じてしまうので、結婚してしまったりすることもあるようです。

本当にケースバイケースなので、自分たちが何を決めてきたか、なるべく冷静に思い出せればいいと思うのですが、記憶はもう失われているので、ハートの中にある直感だけが静かに真実を告げることになります。

ただ、恋愛中の人々に、そんなことを言っても、全然助けになりませんよね!(笑)

ソウルメイトは自然に導かれるもの

出会いたいと思いすぎると、かえって出会いを妨げる

ソウルメイトに出会いたい、出会いたい!と強く思っていると、「私には何かが足りない」というバイブレーションになってしまい、かえって出会うのを妨げてしまうというのもよく聞くことです。

のんびりやさんは出会ってても気が付かないかも

同姓のソウルメイトにとてものんびり屋さんがおりまして、「私、そういう人に(ソウルメイト)会ったことがない気がする〜〜」と言っていましたが、どう考えても、あなたの旦那さんはソウルメイトでしょうーが〜!とツッコみたい気持ちでいっぱいになりました。

あと、「ねえ、それって私も入っていないの?ねえ、ねえ?」とぶんぶん揺さぶりたいところですが、彼女は多分にっこり笑って、何も答えてくれないでしょう(涙)

なんか本当におっとりとした素敵な感じの人なのです。もててもてて、困っちゃう〜という女性です。親友だよ♪と言ってくれたことはあるので、ほっと胸をなでおろしております。

でも、はーソウルメイトねぇ〜、それよりお腹空いちゃった〜という感じの彼女の様子が、とても自然で幸せそうだったので、あーこういう風に、のんびり風に吹かれているほうが、自然に出会って愛を育んでいけるのね、ととても納得したことを覚えています。

幸せになるには、あんまり気にしすぎない

なので、出会いたくてうずうずしている人も、すでに出会ってしまって苦しんでいる人も、彼女のように、あんぱんをむふふと食べ、犬にみとれてぼーっとしながら、アンパンマンのことを考え、

「やっと出会えた!!!」と隣で力いっぱいに夢を語っているソウルメイト(のちの旦那さま)を脱力させるぐらいのほうが、幸せに近いところにいられるような、そんな気がしています。

縁のある男女は、必ず出会う

縁のある男女、ソウルメイトは願いすぎない

特に「運命の相手」みたいなのに出会いたい人は多いと思うのですが、これはあまりにも「出会いたい〜出会いたい〜!!」と念じていると、

かえって「まだ出会えていない」という不足感から、出会いにくくなってしまう現実を引き寄せてしまう結果になります。

出会いたい時は、ワクワクすることをしよう

やはりソウルメイトとベストの状態で出会うには、毎日をワクワクしながら生きていくことだと思います。

私の友人はかねてから就きたかった仕事に海外でつくことが決まって、ワクワクしていたときが、1番もてたと言っていました(笑)

やっぱりワクワク、キラキラしていると寄ってくるんですよね〜。仕事も恋も。

そうでないと同じ用に「誰かパートナーがいないと不足感を感じる」とう人と出会ってしまい、共依存のような状態になってしまいます。

それよりは、お互いがある程度自立した者同士で出会ったほうが、健全な関係をつくっていけるのかなぁと思うのです。

ソウルメイトとの出会い 実話編

偉そうなことを書きましたが、私はソウルメイトである夫と恋人同士になったのは、一刻も早く職場を辞めたいと思っているときでした。

助けにきてくれたのかなぁと今では思っています。その後彼にすごく助けられたので。

ただ出会ったときには、大学の4年生で就職活動をしていて、いきいきとしていた頃でした。

出会ったときは特に何も思わず(笑)仲のいいグループの一人でした。普通にグループで飲んだり、2人でも友達としてご飯を食べたり。

が、その後3人で遊ぶ予定だたのが、1人来れなくなって突然デートモードとなり、今に至ります。

出会ってしまったとき、どうするのかは自由意志が働くと思います。「一緒になろうね」と約束してきても、すでに別のパートナーがいたりする事態もおこりえます。

すると、元々のパートナーと別れるのか、それとも友達のままでいるのかは、その時のお互いが決めていくことになると思います。

葛藤などが大きいと、避けあってしまうという結果にも

相手がトラウマを抱えているケースも

あとは、相手が男女関係でトラウマなどを抱えていると、自分の内にひきこもってしまい、いくら働きかけても応じてくれない、ということもありえます。

こればっかりは、相手を変えることはできないので、根気よく待つか、友達のままでいるのか、自分自身で判断することになると思います。

まずは自分を愛してあげる

自分の方が、なんか出会ったはいいけど、その気になれない、ということもおこりえます。

相手の中に自分の葛藤をうつしだしてしまい、同族嫌悪みたいになってしまうのです。

惹かれ合いはするんだけど、つきあいもしないし、さりとて離れることもできない、というなんとももどかしい状態になることも。

これはもう、まずは自分を愛するようにする、自分を大事にしてあげる、というところから始めなくてはいけないと思います。

そうして始めて、ソウルメイトと向き合うことができるようになのかなと。

みなさんもせっかくのソウルメイト、自分から遠ざけてしまったりしないようにしてくださいね☆

まとめ

さて長々と書いてしまいましたが、いかがだったでしょうか?

ソウルメイトって本当に貴重だと思うんですよね。

出会うことは約束されていて、お互いの学びのためにも出会うのですから。

どうせなら、また会えたことに感謝して、楽しい時間を過ごしたいものですよね。

タイトルとURLをコピーしました