準備するだけしたら、結果がでてから対処する〜気分転換が一番

スピリチュアル
Sponsored links

ビザの件に関して、心が揺れています。
入学許可を待ち続けて、早2週間。
これがでないと、ビザの申請すらできません。

海外におられる方は一度は経験されていると思うのですが、いつも本当にひやひやとしてしまいます。

日本人のサガとして、「余裕をもってきっちり準備したい」というのがあるのですが、なにせ、のんびりとものごとが進んでいくこの国、自分のペースで進めたくとも、そうはいきません。

なんでそんなに急いでるのぉ?まだまだ時間あるじゃなーい、と笑い飛ばされてしまいます。(;;)

やるせない気分に支配されそうになり、夫をつついていると、「そんなときは、どうするの?」と聞かれました。

「ええ?お、おどる?」と動揺する私。

「それもいいけど、ぱーっとすることだよ!
何がぱーっとするの?連れてってあげるよ。
ホットスパ?それともレストラン?」

なんてステキなオファーでしょう♪

映画とか見ながら水着で温泉に入る、こちらのホットスパも大好きですが、「おいしーもの、食べる〜〜!」ほうをチョイス。

というわけで、用事の合間に、マレーシア料理に連れてってもらい、ラクサだのチキンライスだの揚げワンタンだのと、たくさん食べて、すっかりご機嫌になりました。

単純だねーと、笑う夫。
そうです、人生はシンプルが一番。

こういう不確定要素の多い事態には、ついつい不安に目がいきがちに。

そして、その不安を払拭すべく、代わりの案にも時間をかけすぎるのは、結局ものごとの流れをとめてしまうだけ。

こういうときは、ぱーっとすることをなるべくして、「準備するだけしたら、結果がでてから対処する。間際になっても、誰かが何かが助けてくれるはずと信じて、なるべく良い気分をキープする〜」のが正しい方法だと思います。

実際、ぎりぎりでも、なんとかなってきたのですから。

でもあのドキドキ感は、小心者の私にとって、避けたいことのひとつです。

「まにあう、まにあう。もう明日でビザきれるけど、新しいの絶対間に合う」とつぶやいているときの、あの気持ち!

周りの人たちはかなり呑気に、「なんか書類足りなくってさー、再提出したよ。ははは〜」とか
言いながら、つなぎのビザで2ヶ月もたっていたりします。

チャイニーズのハートは、こういうとき、本当に強いです。

「何か起こったら、速攻、なんとかする。人脈とかお金とかを駆使すれば、だいじょーぶ〜」というのが基本姿勢。

心の平安にためにも、こういう姿勢を見習いたいなと思う、今日この頃です。

人間関係とスピリチュアルの関係を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてみてくださいね。 

タイトルとURLをコピーしました