夢の中で出会う

スピリチュアル
Sponsored links

とても古い付き合いの、大学時代からの大事な友人がいるのですが、私達は連絡を取ったり取らなかったりで、なんだかんだともう数十年のつきあいになります。

この友人は、連絡をどばーっとしてくる時もあれば、ぱたりとやんでしまう時もあり、それでも何年かにいっぺんは連絡がつく、という変わった形のコミュニケーションが続いている人です。

しかし、直感がするどいのか、全然ご無沙汰していても、例えば私がニュージーランドに移住することにしたと告げると「それはよかったね!ぴったり。学生時代も、自然が好きだったもんね」とそのとき言ってほしいことを口にしてくれるのです。

助けられたことがたーくさんあるので、私も助けたいとは思っているのですが、向こうが心の扉を閉じている時はこちらの気持ちを押し付けても邪魔になるだけかなぁと、どうしたものか案じてしまいます。

心のなかで、「どうか持ち直して、元気になってくれますよーに」と陰ながら祈るしかないのですね〜。

それにしても、とっくに縁が切れていてもおかしくはないのに、ほそーい糸ででもつながっているのが、嬉しいところです。

出会ったときにすぐに意気投合して、すごく仲良くなったので、やっぱり何かの縁がある人なのでしょう。

大事な友だちとは、縁が切れたように思えてもつながっている

一度本当に縁が切れてしまったように思えたとき、本気で何枚も手紙を書いたことがありました。そしたら、ある種の誤解?がとけたようで、また交流が復活しました。

あのままにして、「まぁ仕方ないか〜誤解はもう解けないだろうし」と思っていたら、縁はとぎれてしまっていただろうし、タイミングを逃さなくて、よかったなと心から思います。

私はその長い手紙を書き上げてしまったことにすっかり満足してしまって、返信など全然期待していなかったのですが、一ヶ月後ぐらいに、パソコンのメールにその人からの返信が届いていました。

なんてなんて書いてあるかちょっと怖かったので(やっぱり縁を切られたらどうしようとか)そのまま開けられずに寝たら、その人が夢にでてきました。

駅の改札でコーヒを両手に持って、待っていてくれたのです。私はびっくりして駆け寄ると、相手は「メールだしたんだけど……」と、もごもごと言うのです。

私は「ごめん!実はまだ読んでいないんだ!」と言うと、その友人はほっとしたように顔をなごませました。

それで私達は学生のときよくしていたように、自然の中を一緒に散歩しながら色んな話をしました。

なぜかそこはニュージーランドという設定で、秋の美しい気配に満ちていました。落ち葉を踏みながら、ゆっくりと過ごす私たち。

途中で二人の小さな子達がついてきたので、「子供いるの?」と聞くと「ううん」とのこと。一体、誰だったのでしょう?

最後にはドーナツ屋に入って、お茶をしたところまで、起きた時はっきりと覚えていたのです。ドーナツが好きということも覚えていてくれたみたいでした。

そうしてメールを開き、あわてて返信を返したのでした。自分の家のメールボックスを1ヶ月も見ていなかったとのことで、どうやら時期外れにパソコンのメールで返信がきたようでした。

夢の中で予行演習をしている

「夢にでてきてくれて、一緒に散歩したよ」と伝えたら、「夢の中にまででてきて、ごめんね」と言われました。

とても嬉しかったんだから、謝ることないのに、と心の中で思いました。

そういう風に、縁のあるもの同士は、どこかでつながっていて、夢の中ででも結構会うことができます。どちらかが強く何かを思っている時に、でてきやすい気がします

久しぶりの友人がでてきてくれると、起きた後連絡してみるのもよくあることです。すると、夢の中の状況がそのままその友人の状況ということも少なくありません。

夢って、いくつもの思い出を共有した人とまたつながれる場所でもあるんですね。

あとは、相手が本当はこう思っているんだ、というのがわかる夢というのも多いです。現実世界では言えないんだけど、ああ、本当はこう思っていたんだ〜みたいな。

相手からしたら、知らない内にわかられてしまうということで、ちょっと怖いですかね?こっちは便利なんですが。でも、本当は伝えたいからこそ、届いてしまっているのだと思ってもみたりして。

だから相手の方にも自分が強く思っていることは、夢の中で届いてしまっているかもしれませんよ!私の場合は、知り合いからだとそんな変なことではなく、本当はこう思っているから誤解しないでほしいみたいなのが多いです。

あとは、あまりよくない考えを持っている人が、夢の中でなんだかニヤニヤしているというのもたまにみます。一見、親切そうにみえて、なにか下心がある場合ですね。

だから、私はかなり夢に助けられながら、普通に生活をしています。
これが不思議だと思ったこともあまりなく、スピリチュアルなことを学んでからよりいっそ、夢を覚えて、現実世界に適応できるようになってきました。便利ですよ♪

これから会う予定の人と予行演習をしていることも、結構あります。

出会った時、あっ、あの夢で会った人だ!と思うのです。さすがに初対面のときは、黙っていますが。(笑)

私はまだ会ったことがなくて、メール上だけのつきあいの人が、夢に何度も登場してくるということも経験したことがあります。これから出会うのかな?それとも、やはりメール上だけのつきあいなのかなと、なんかちょっと不思議に思っております。

私の方も、向こうの夢にでてきているのかどうかは、謎のままです。なんかそんなことは聞けないし。(笑)

夢は私にとってとても重要な時間なので、睡眠時間だけは確保したいものだと思う今日このごろです。

ちなみに昨日は、加瀬亮さんが登場してくれました。特にファン!というわけではないのですが、なんかすごく優しくて、『ハチミツとクローバー』の真山君や映画『プール』の市尾君みたいだなと思いました。

私たち二人がどんなだったのかは、内緒です♪

こういう芸能人の方がでてきてくれる夢って、ファン!という人でなくて、何かの特徴を持った人がでてくる場合が少なくありません。

役柄なのかもしれないし、その人の印象なのかもしれないし、何かを表しているのでしょうね。私の場合、木村拓哉さんと二宮和也さんがよくでてきてくれます。

おふたりとも演技の上手な方なので、そのときどきで、役柄によって意味合いが違ってくるので、どの役柄の人だったのか、起きてから思い浮かべてみたりします。

みなさんも、夢をなるべく覚えていよう!と思ってから寝てみて、現実世界に活用してみてくださいね。最近は、世界の変わり目にあるので、ますます夢が重要になっているみたいですよ♪

タイトルとURLをコピーしました