【スピリチュアル的な効果】断捨離をしたくなる時は幸運の前兆

スピリチュアル
Sponsored links

おはようございます、アドバンス認定エンジェルカードリーダー™の青星いるかです。

みなさんのなかには、急に物を捨てたくななるようなことはありませんか?

実は、断捨離をしたくなる時は幸運の前兆ともスピリチュアル的に言われています。

私の場合、Kindleの本と実家においてある本、ニュージーランドにおいてある本が頭の中でごっちゃまぜになって同じ本を2冊買ってしまうこともあり、

それではいけない!と断捨離をしたくなった時があります。

そうすると、朗報がはいって航空便でまとめて送ることができることが分かりました。結果として、これで大事な本を捨てずに済みました。

こういったことはあるようで、実際にモノを手放さないでも、断捨離をすると決めた時から、すでに運気が動いています

今回は、「【スピリチュアル的な効果】断捨離をしたくなる時は幸運の前兆」についてお話したいと思います。

物を捨てたくなった時にこそ、スピリチュアル的な効果が生まれる

私たちは、ニュージーランドに移住する前に日本でかなり大規模な断捨離をしまして、家電や家具などほぼ全てを人にあげたり処分したりしました。

残りの荷物は、ニュージーランドに送るものダンボール7〜8個だったと記憶しています。船便がまだあったので、費用も10万円くらいですみました。

家具・家電付きの部屋というのも海外には多いので、まさしくそれを狙って最初は部屋探しをして、その後に一軒家に引っ越しました。

その時も、小さい冷蔵庫と机と芝刈り機・小型のオーブンを買ったぐらいです。洗濯はコインランドリーですませておりました。

日本で人にあげたのが返ってきたかのように、電子レンジ、暖房器具、椅子などは夫の知り合いが無料でゆずってくれました。

というわけで、今回の引っ越しもだいぶ身軽なまま行うことができそうです。

まぁ、家具・家電もとっておけば、日本に帰ってくることになったこの状況で、また揃える必要もなかったかもしれませんが、

9年近くおいておいた家電が使えるかどうかわかりませんし、それらを保管する場所の確保も簡単ではなかったでしょう。一度手放してよかったと思います。

なんか身軽になっておいたから、運がまいこんできた、という感じです。

私たちがニュージーランドに移住できたのって、ひとえにせっせと断舎離し始めていたからだと思うんです。

スペースをあければ、そこに新しいモノや経験が入ってくる。手放せば、新たなチャンスがやってくる、と身を持って学んだので、もう荷物をやたらに増やすことはないと思います。

古いものを手放しておけば、海外からのお引越しも楽にできる

今回も実はニュージーランドから日本への船便が廃止されていて、引っ越しに困るなぁと思っていたのです。

しかも、お得なエコノミー便という飛行機を利用するのだけど、ちょっと時間が余計にかかるというサービスまで休止していました。

すると残されたのは、一箱20KGで28000円!という割高の郵便局の航空便を使うしかありませんでした。

ところがエコノミー便が復活するというニュースがはいってきたのです。あぁよかった。これでももっと安くすみます。

とはいっても、私たちは大きい家具・家電は、机・椅子・小さな冷蔵庫・電子レンジ・芝刈り機・ヒーター・こたつ(笑)ぐらいしかなかったので、

夫が売ったりあげたりしてもう処分済みのようで、ダンボール5箱分くらいしか荷物はありませんでした。

考えてみたら、海外からの引っ越しで14万って普通の航空便を使っても安いですよね?でもさらに安くなってとても嬉しいです。

ニュージーランドで買った家も車も無事に売れたので、スッキリとした気分!

「やましたひでこ」さんと「こんまり」さんに学ぼう

私が断捨離をするきっかけになったのは、カレン・キングストンさんというイギリスの著者が書いた本がきっかけで、まだその頃「断捨離」という言葉は日本ではポピュラーではありませんでした。

今なら、「やましたひでこ」さんや「こんまりこと近藤麻理恵」さんが有名ですよね。

こんまりさんは、アメリカで視聴者のおうちを一緒にお片付けする番組が大人気らしいですね〜。

ときめき、のことを「Spark joy!」と決めゼリフのようにいうのがかわいらしいです。

日本でもNetflixで視聴することができます。

本はやっぱり『人生がときめく片づけの魔法 改訂版 』ですかね〜。

ときめくモノで周りを輝かせようというのは、本当に運を呼び寄せる考え方だと思います。

私も必要かそうでないか、という判断基準だと、「必要かも。。。」となってしまいがちなので、「手にとって、ときめくかときめかないか」というのを基準にしています。

モノに感謝して、ありがとうと言ってから捨てるというのも、本来の日本人のあり方というか、素敵ですよね♪

ちなみにうちの夫は、この本は英語版をキンドルで買っていて、英語の勉強がてら読んだということです。

やましたひでこさんの方は、もっと実践的な感じでしょうか。根底にあるものの考え方は、こんまりさんととても似ていると思います。

やましたひでこさんの本は、以下のあたりが読みやすいかなと思います。写真が多いから。(ただ、スマホでは読みづらいと思うのでご注意を。パソコンで見ることをオススメします)

『クロワッサン特別編集 自宅の片づけ、実家の片づけ、夫婦関係あなたの「片づけられない」をすべて断捨離!』

『見てわかる、断捨離』

こちらの2冊は、今ならKindle unlimitedを使うと、無料で読めます。

Kindle unlimitedは、初月が無料なのです。年末にかけての大掃除シーズンを前にして、1ヶ月でさくっと読んで退会するのもありかもしれません。(笑)

私も夫もKindle unlimitedのヘビーユーザーで軽く月に10冊は読むので、月会費980円は余裕で元をとれております。

Kindle unlimitedのよいところって、それこそモノがたまらないことなんですよね!電子図書館といったところでしょうか。

ただ、また読みたいときに、有料になっているなんてこともありますが、そのときに初めて買えばいいや〜と思っております。

人間関係も思い切って定期的に断捨離を!

さて、モノの断捨離よりも難しいのが人間関係の断捨離ですよね。

これもいきなりとりかかるのが難しいときは、まずモノからはじめると、今の自分に何が必要なのかが心の中で整理されるので、人間関係のほうも断捨離しやすいと思います。

これからの変化が激しくなる時代、似たような感性の人たちと一緒に過ごすのがとても大事になってきます。

周りでつきあってももう楽しくない人間関係はありませんか?それはもう賞味期限切れ、ということかもしれません。

思い出だけ大事にとって、手放すときがきているのかも。

ちなみに私は、Webサイトの運営や大家さんという仕事にシフトしてから、仕事がらみの人間関係の悩みから開放されました〜。

好きな人としか仕事しないんだもんね(笑)

Webサイトの運営は基本的に夫と二人でやるからいいとしても、大家さんはたくさんの人たちとチームを組んでやることになるのですが、

それも合わない人とはさっさとバイバイして、新しく一緒に気持ちよく仕事をしてくれる方を探すようにしています。

どうやって出会うかというと、なんか出会えるようになっているのです。たまたま歩いていて、飛び込みで入ってすごいよい不動産管理会社の人に出会えたこともあります。

ヘレンさん、ありがとう!あなたのおかげでとても気持ちよくテナントさんにも住んでもらえました。

というわけで、師走を前にして、段々と断捨離していくと年末にあわてなくてすみますよというお話でした。

私たちは、エコノミー便があるうちに、ちょっと早めに断捨離を11月中にはすませたいと思っています。

人間関係とスピリチュアルの関係を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてみてくださいね。 

タイトルとURLをコピーしました